アフターマンでおなじみ、ドゥーガル・ディクソン先生の新本「フューチャー・イズ・ワイルド」入手。
やってることはいつもと変わらないが、今回は地球の環境変化について専門家の意見を取り入れて
生態系の進化について考察したらしい。
今までの先生の本はみな図鑑形式だったのに対し、今回は新書本サイズ、しかもイラストじゃなくて
CGだったりする。
それはそれでリアルなので見ごたえがあるんだけど、やっぱり綺麗なイラストを大きな図版で見たかった
ってのが正直な感想。

それでも、今回は2億年以上先の未来を予測しているので、さらにすっ飛んだ生物が出てくるのは嬉しい。
2億年後はイカが陸上に上陸を果たし、象以上の大きさになったり、道具を使うほどの知識と社会性を持つ
生物になるそうな。

触手系が地球の支配者になるのは2億年後。ってことらしいですよふんぐるいー。
(でも、道具使うイカの名前は”スクイボン”。ボン、って・・・)